オムライスがフライパンにくっつく対処方法を元オムライス店員が解説!

  • URLをコピーしました!

*当ブログではプロモーションが含まれています。

すず

オムライス作ったらフライパンに卵がくっついてしまった・・・

オムライス作る時に、卵がフライパンにくっつく失敗しないために、元オムライス屋さんの店員が対処方法を解説します。

こんな方におすすめの記事

・オムライスの卵がくっつかない方法が知りたい

・おすすめのフライパンが知りたい

・オムライスの作り方が知りたい

マーク

オムライス店で3年働いていた経験を活かして紹介していきます。

この記事を書いた人

<マークカフェ 料理×恋愛ブログ>

✅飲食店経験年数:7年

✅料理男子がモテるカフェ料理を紹介

✅オムライスが大好きです!!

✅インスタグラマー

 (SNS 総フォロワー4,000人)

オムライス店で過去1,000個以上オムライスを作っている私が、家庭用でおすすめしているフライパンです!

オムライスがフライパンにくっつく原因の1つが、フライパンのコーティングが剥がれです。

マーク

オムライス専用のフライパン」を1個は持っておくのがおすすめです。

フライパンのおすすめポイント!

  • テフロンプラチナ加工:耐久性抜群!
  • 底が丸くカーブしている:オムライスが巻きやすい!
  • 3層構造で均一に加熱できる:焦げ付きやこびりつきに強い!
  • 直径:24 cm 高さ:5 cm:ちょうどいい大きさのフライパン!
  • ガス・IH対応:どんなコンロでも対応!
  • 価格が安い:最高クラスのコーティングで約3,000円と安価
目次

オムライスの卵がフライパンにくっつく原因

オムライスの卵をフライパンで作っている様子
すず

オムライスの卵って何でくっつくんだろう・・・

オムライスの卵がフライパンにくっつく原因を3つ詳しく解説します。

オムライスの卵がフライパンにくっつく原因

  • フライパンの表面温度が低すぎる
  • フライパンのコーティング剥がれ
  • 卵の卵黄と卵白がしっかり混ざっていない

卵がくっつく原因は、フライパンの表面温度と表面の凹凸が深く関係しています。

また、材料である卵の卵黄と卵白で固まる温度が違うので注意が必要です。

フライパンの表面温度が低すぎる

オムライスを作る際、フライパンの表面温度が80℃くらいのときに、卵がくっつきやすくなる性質があります。

フライパンの表面温度が低いと卵がフライパンにくっつきます!

マーク

フライパンを温めて卵を入れるタイミングって難しいですよね!

フライパンのコーティング剥がれ

金属製のフライパン表面には目に見えないデコボコがあり、卵液がこれに入り込んで加熱されると固まり、剥がれなくなることがあります。

フライパンのコーティングが剝がれていると卵がくっつきます!

マーク

フライパンのコーティングは一番重要だと思っています!

卵の卵黄と卵白がしっかり混ざっていない

卵黄は、約65℃で固まり始めて約70℃で完全に固まります。

また、卵白は約60℃で固まり始めて、約65℃くらいから流れが悪くなり80℃で完全に固まります。

しっかり混ざっていないと部分的に火が通るので、フライパンにくっついてしまいます。

マーク

卵を混ぜるのにもコツがいりますね!

オムライスの卵がフライパンにくっつかないための対策

オムライスを包み込むように巻いている様子
すず

オムライスの卵上手く作る方法あるのかな・・・

オムライスの卵がフライパンにくっつかないための対策を5つ詳しく解説します。

オムライスの卵がフライパンにくっつかないための対策

  • フライパンの温度を高温にする
  • 卵の温度を常温に戻す
  • 卵黄と卵白をしっかり混ぜる
  • フライパンの上で卵をしっかり剥がす
  • テフロンコーティングのフライパンを使う

オムライスを作る上で、フライパンと卵の温度とフライパン表面状態はとても重要です。

一番の重要ポイントは、フライパンのコーティングです!

フライパンの温度高温にする

フライパンを130℃~140℃の高温に熱することで、卵がフライパンにくっつきにくくなります。

また、卵を流し込む前にフライパンを高温にし、卵を流し込んだ後に温度を調整することも効果的です。

卵を少し箸でフライパンに付けた時に「パチパチ」と音が聞こえたタイミングで卵を入れると良いです!

オムライスを作る際の温度チェックしている様子
マーク

200℃を超えてしまうと、焦げの原因になるので注意が必要です!

また、260℃を超えるとテフロンコーティングの劣化が進むので温め過ぎには気を付けましょう!

卵を入れた時にあまりにも、卵がぐつぐつなってしまった時は火を止めてしまえばゆっくり調理できます!

卵の温度を常温に戻す

卵を常温に放置している様子

卵は冷蔵庫から取り出してからしばらく常温にしておくことで、フライパンの温度を保ちやすくなります​。

マーク

卵を常温に戻すのがコツです!

夏の場合は、約30分程度です。※真夏は20分で確認しましょう。

冬の場合は、約1時間程度です。

卵黄と卵白をしっかり混ぜる

大切なのは、卵黄と卵白をしっかり均一に混ぜ合わせることです。

マーク

スプーンを使って混ぜるのがコツです!

スプーンを使って円を描くように混ぜて空気を入れることでふんわり仕上がります!

卵を混ぜている様子

フライパンの上で卵をしっかり剥がす

フライパンに卵を入れて、ヘラや箸で卵を混ぜてスクランブルする際に、たまにフライパンからしっかり卵を剥がすと固まり過ぎずおすすめです。

3秒スクランブルして→しっかり剥がして→3秒スクランブルして→しっかり剥がしてを繰り返して、卵を全体に広げることがギリギリできるタイミングで広げるのがコツです!

マーク

フライパンに接している卵を常にとろとろ状態にすると良いです!

テフロンコーティングのフライパンを使う

テフロンコーティングされたフライパンを使用することで、卵がくっつきにくくなります。

また、油をしっかりひいて高温に熱することも重要です。

オムライス上達には、オムライス専用フライパンを作ることから始めましょう。

フライパンがダメだといくら練習しても上手くいきません!

マーク

オムライス専用のフライパン」を1個は持っておくのがおすすめです。

フライパンのおすすめポイント!

  • テフロンプラチナ加工:耐久性抜群!
  • 底が丸くカーブしている:オムライスが巻きやすい!
  • 3層構造で均一に加熱できる:焦げ付きやこびりつきに強い!
  • 直径:24 cm 高さ:5 cm:ちょうどいい大きさのフライパン!
  • ガス・IH対応:どんなコンロでも対応!
  • 価格が安い:最高クラスのコーティングで約3,000円と安価

おすすめのオムライスレシピ

おすすめのオムライスレシピを紹介している男性の様子
すず

おすすめのオムライスレシピあるかな・・・

マークカフェからオムライスレシピを2つ紹介します。

オムライスレシピ

  • 難易度が高いド「ドレスドオムライス」
  • 誰でも簡単に作れる「ふわふわオムライス」

ドレスドオムライス

ドレスドオムライスを紹介している様子
マークカフェ:ドレスドオムライス

オムライスマスターになるために挑戦してもらえると嬉しいです。

難易度MAXドレスドオムライス』を紹介しています。

マーク

箸とフライパンの動きをイメージすることが大切です!!

ふわふわオムライス

ふわふわオムライスを紹介している様子
マークカフェ:ふわふわオムライス

誰でも簡単に作れるふわふわオムライス』を紹介しています。

マーク

お皿を上手く使って簡単にオムライスが作れます!!

マーク

オムライス専用のフライパン」を1個は持っておくのがおすすめです。

フライパンのおすすめポイント!

  • テフロンプラチナ加工:耐久性抜群!
  • 底が丸くカーブしている:オムライスが巻きやすい!
  • 3層構造で均一に加熱できる:焦げ付きやこびりつきに強い!
  • 直径:24 cm 高さ:5 cm:ちょうどいい大きさのフライパン!
  • ガス・IH対応:どんなコンロでも対応!
  • 価格が安い:最高クラスのコーティングで約3,000円と安価

まとめ~オムライスがフライパンにくっつく対処方法~

オムライスの卵がくっつかない方法を解説しました。

・フライパンの温度は130℃~140℃にすること

・卵は常温に戻しておくこと

・卵の卵黄と卵白をしっかり混ぜ合わせること

・フライパンのコーティングを守るために専用フライパンにすること

是非、ポイントを押さえて「オムライスマスター」になってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次